Skip to main content
Security Scorecard

取締役会レベルのセキュリティおよびコンプライアンスレポートをただちに生成できます。

経営者たちは十分な情報に基づいた意思決定を行うため、タイムリーで正確な情報を必要としています。経営幹部や取締役会に対して、セキュリティ対策の進捗状況を示すことで、さらなる努力や投資が必要な部分を判断してもらうことができます。

導入企業は 20,000 社以上
ベンダーリスクを可視化して取締役会に報告

ベンダーのエコシステム、各ベンダーのセキュリティ体制を完全に把握し、プライベートサプライチェーンリスクスコアを活用してエコシステム全体のセキュリティ体制を把握しましょう。

  • ベンダーのエコシステム全体を視覚化。比類のないグラフィックスを使用してサイバーリスクのユビキタスビューを取得し、エコシステムリスクの全体像を把握できます。
  • 取締役会での議論を促進。各ベンダーのリスクや特定の脆弱性をピンポイントで明らかにし、サードパーティと連携してリスク軽減を加速させることができます。
  • ベンダーのリスク管理ワークフローを簡素化。サードパーティからフォースパーティまでを含む、ベンダーの強みと弱みを一元管理するダッシュボードにより、サイバー対策を簡素化し、データ侵害の可能性をすばやく特定できます。

「これまでは、経営者向けのレポート制作に長時間かけていましたが、SecurityScorecard のプラットフォームを使うことで、同じ情報を数秒で引き出せるようになり、時間を節約しています」。

グローバル最高情報セキュリティ責任者(CISO)
Truphone
受賞歴のあるサービスとソリューション

SecurityScorecard がセキュリティレイティングでグローバルリーダーとして評価されている理由をご覧いただけます。

今すぐ貴社のセキュリティスコアを確認してみましょう。